Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
FUN! DOG LIFE!
犬に関するお役立ち情報をご紹介!
グルメ

愛犬がペットフードを食べない!ごはんに興味を持たせる方法

食欲がない犬

この記事では、私が実際にやって成功した愛犬にご飯に興味を持ってもらう方法をご紹介します。

ダーリンくん
ダーリンくん
は~お腹いっぱい。
あれ?ハニーちゃん全然ごはんが減ってないよ?
ハニーちゃん
ハニーちゃん
なんだか最近このごはんが進まないのよね。
いつも同じで飽きてきちゃった。
ダーリンくん
ダーリンくん
でも食べないと元気が出ないよ。
ハニーちゃんが食べてくれるにはどんな工夫をしたらいいんだろう?

愛犬が急にごはんを食べてくれなくなると、飼い主さんは心配になりますよね。

私の愛犬も食が細いのか、もしくは嗜好性が高いのか、市販のペットフードを食べてくれなくなる時がよくあるんです。

せっかく準備したのに、見向きもされず食べてくれないのでガッカリしてしまいます。

食べてくれないと栄養不足で体調崩さないかなとか、痩せてきたりしないかなとか、体調面も気になりますよね。

そんな愛犬のために、ごはんのベースを変えずに食べてもらう方法をいくつか考えました。

実際に愛犬に試してみて、食べてくれるようになったイチオシの方法をお伝えしていきます。

この記事はこんな人におすすめ

・愛犬がごはんを食べなくて困っている
・ごはんの色んなアレンジ方法を知りたい
・ペットフードに合うトッピングに興味がある

ごはんにひと手間かける工夫をしてみよう

ペットフードをそのまま出しても食べてくれない場合には、様々な方法で変化をつけてあげると食べてくれることがあります。

安易にベースのごはんは変えずに、愛犬の興味を引かせるようなごはんの作り方を考えることが大事です。

人間も白米をおかゆにしたり、チャーハンにしたり、色々とアレンジをしますよね?

感覚としてはそんな感じでペットフードに変化をつけてあげることで、ワンちゃんも興味を示してくれるようになりますよ。

食感を変える

ドライフードはかじると音が鳴るような固い食感ですよね。

いつも固いものばかりだとワンちゃんも飽きてしまいます。

そこで食感に変化を出すためにふやかしてみてください。

私の愛犬はたまにふやかしてあげると、ドライフードには見向きもしないのに、同じものでもふやかしたものなら食べることがあります。

人間もおかゆや雑炊にするとスルスルと食べれちゃいますよね。それと同じ原理です。

ハニーちゃん
ハニーちゃん
ふやかしたごはんは水分量も多くて飲み込みやすいわ。
食欲がなくても食べやすいのね。

簡単なふやかし方も解説しておきますね。

ふやかし方

1. ドライフードを入れた容器の中に水またはお湯をフードが浸るくらい入れて置いておきます。
2. しばらくするとフードが柔らかくふやけます。

ゆっくりとふやかす時間が無い時は、下記のような方法で作ると早く作れますよ。

 icon-check 耐熱容器にカリカリのフードと水を入れてレンジで温める。
※ワンちゃんに与える時には、フードの温度を確認し、ワンちゃんがやけどしないように管理してあげましょう。

匂いを強める

ドライフードのままだとあまり匂いが引き立ちません。

人間の食事も冷たいものより温かいものの方が、より美味しそうな匂いを感じて食欲が湧いてきますよね?

この原理を利用して、ドライフードに少量の水をかけて温め、匂いを引き立たせてあげましょう。

ワンちゃんは嗅覚が鋭いのでこうしてあげることでより食欲を刺激してくれます。

私の愛犬もドライフードを温めたら匂いにそそられたようで、さっきまで見向きもしなかったのに食べたいとおねだりしてきましたよ。

ハニーちゃん
ハニーちゃん
いい匂いがして思わずごはんを食べちゃったわ。

トッピングで変化をつけてみよう

ドライフードにトッピングをしてあげることで格段に食いつき方が変わります。

私の愛犬はトッピングをしたときは、一瞬で食べ終わるくらいのものすごいスピードで食いついてきましたよ。

ここからはおすすめのトッピングをご紹介していきます。

鶏のささみ

鶏のささみはトッピングの王様といってもいいくらい、特におすすめしたい食材です。

人間でも筋トレしてる人がよく食べていますよね。

ささみはタンパク質が豊富で低脂肪なので、ワンちゃんの筋肉維持などにも役立つんです

簡単にスーパーで手に入る食材なので、私も愛犬のごはんにも混ぜてあげています。

冷凍になっているささみの大袋(15本入りくらいの)を買っておくと便利ですよ。

ワンちゃんにささみをあげる時には、下記の点に注意して与えてください。

ささみは生肉ではなく必ず茹でるなど火を通す。

ささみは火を通して雑菌などの付着物を取り除いてからあげるのがベストです。

衛生的にも安心して与えるためにきちんと茹でてあげましょう。

犬用チーズ

チーズは多くのワンちゃんが興味を示す食べ物です。

よくおやつとかでも、チーズを配合しているものも見かけますよね。

ペットショップには犬用のチーズの粉が売っています。

粉末なので、ドライフードにさっとひとさじかけるだけでOKです。

もちゃん
もちゃん
ごはんの準備もとっても簡単だよ。

私の愛犬はチーズの粉が入っている袋を覚えてしまったようで、その袋を手に持つと、今日のごはんはおいしいやつだ!と期待の眼差しでこちらを見てくるんです。

そのつぶらな瞳がなんとも可愛くてついついあげたくなってしまいますね。

犬用ふりかけ

今では犬用のふりかけってたくさんの種類が販売されているんですよね。

私がよく使っているふりかけがこちらです。

ビーフのふりかけは愛犬の食欲をそそるみたいで、かけたところの食いつき方が尋常じゃないです。

かけ方に偏りがあるとそこばっかり食べてしまうので、どのフードにも均等に味がつくように、ふりかけた後混ぜてあげるといいですよ。

トッピングの注意点

ワンちゃんの食欲がアップするトッピングはとても便利なのですが、いつもと違うものあげる時は注意が必要です。

初めて与える食べ物は少量からあげるということを徹底してください。

なぜならワンちゃんによっては身体が受け付けない食材がある可能性があるからです。

一気に大量にあげてしまうと、危険な症状を引き起こすことがあります。

初めてあげるものは食べた後の体調の変化に気を付けて様子を見てあげてください

普段と変わりなく元気であれば徐々に量を増やしていくといいですよ。

まとめ

ワンちゃんのごはんは、飼い主さんの工夫次第で食べてくれるようになります。

ふやかしてみたり、トッピングをしてみたり、人間の食事のようにアレンジしてあげる気持ちがあればいくらでも変化をつけてあげられます。

もちろん、そのまま何もせずに食べてくれるのであればそれに越したことはありません。

しかし、ワンちゃんも生き物ですから、嫌になってしまう日もあると思います。

そんな時ワンちゃんのためにしてあげられる工夫がいくつもあると便利ですね。

食事はワンちゃんの身体の基礎を作る大切な行為なので、飼い主さんも関心を高く持ってあげてくださいね。